08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康的な最低限人間らしい生活

政治家のキャッチコピーみたいなタイトルですが、最近我が家ではこれが揺らいできているわけで・・・
 思えば去年、実母が腸閉塞で危うく障害者になりかけ、安堵したのもつかの間、3ヵ月後に脳梗塞で半身麻痺の障害者に・・・
 その年の暮れには旦那が脳梗塞・・・幸い程度は軽く、今ではほぼ普通どおりの生活を送れていますが・・・その直後に義母が容体悪化、明けて1月に脳梗塞で死亡
 去年は義父も入院したし、これで私が入院したら一連の不幸も終わりかな?なんて冗談で思ったりしていたわけですが・・・
 まだ終わりではないらしく、旦那が腎不全と診断されて入院してしまいました。
最初急性だったそれは、入院中に慢性腎不全となり・・・腎臓の機能は一度失われてしまうと、回復は見込めないため、つまり一生食事制限の付きまとう体になってしまったという事です。
 退院後、どこかで昼を食べていこうかという話になった時、ラーメンはダメだし、寿司もダメ、マックもダメ、あれもダメ、これもダメ・・・結局、ざる蕎麦を水で薄めたつゆで食べるしかないんじゃない?という話になった時目の前が真っ暗になって思わず泣いてしまいました。
 医者に指示された事を律儀に守るということはそういうことです。だって、病院でうどんが出てきたときは、つゆすらなかったんですから!
生きるうえで食べる喜びというものは大半を占めるもの。正直、病院で出たような食事を一生続けなければならないなんて、死んだほうがマシというもの。それほどひどい食事でした。

 退院から2週間。医者の指示は、塩分とカリウムを摂るな。という大変アバウトなものだったので、自分で本を買って勉強しました。
 慢性腎不全において、一日に取れる食塩の量は7g以下。カリウム2000mg程度・・・
この数字を見たとき再び目の前真っ暗に・・・カリウムは良くわからないけど、食塩7gといえば小さじ約1杯半・・・しょっぱいもの好きの秋田県人としては絶望的な数字です。
 カリウムは野菜や果物に特に多く含まれ、ほとんどの食品に含まれる栄養素です。健康な人にとっては高血圧を予防する大変重要な栄養ですが、腎臓機能が衰えている人は、カリウムを排出できなくなるため、制限する必要がでてきます。高カリウム血症になると、不整脈や心不全の原因になります。
 ただ、カリウムは水に溶ける性質を持っているため、野菜などはゆで零ししたり、水にさらして、さらした水を3回ほど取り替えると2~6割のカリウムを除去できることは、義母が腎不全による透析をしていたので知っていました。
 兎に角、透析まで病状が進行してしまうと、食事制限どころか仕事もできなくなり、通常の生活をすることはきわめて困難になってしまうので、食品の成分表が載った本なんかも買って、カリウムが多い食品を極力食べないようにする日々。
 それなのに・・・昨日の検査の結果は・・・カリウムが多いという事で薬が増えました(涙
 1か月分で1万5千円・・・お薬メモ?は3枚にわたる量・・・
これ以上どうやってカリウムを減らしたらいいものか・・・ 
スポンサーサイト
Secret

カウンター

プロフィール

らん

Author:らん
ワンコプロフィール
お転婆お嬢のカリンと気弱な兄シオン。
最近はアジリティを頑張っています。
H21年8月1日ボーダーコリーのアリオスが仲間入りしました。

フォトアルバム

カテゴリー

オトフレーム

ブロとも一覧


だんごの愚痴か、お気楽か

神☆これは変態ですか?

いつでもどこでもマルチーズ♪

リンク

ようこそ!ひつじ村

ピクミー

おすすめ商品

楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!
盲導犬チャリティーグッズ
わんわんチェッカー
どうぶつ健保の決定版⇒「アニコムのどうぶつ健保」
アフィリエイトはエーハチネット

ブログペット

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぜひ読んでほしい

いぬねこネットワーク秋田
秋田県内で活動されているボランティア団体です。
あらたな家族を迎えたいとお考えの方は、どうぞ一度ご覧ください。

Toypoodle MARRON
青森で動物愛護のボランティアをされている方のブログです。
処分場のレポートがあります。一度お読みになってください。

犬を飼うってステキです。。か?
犬を飼うことの理想と現実

虹の橋
作者不詳で語り継がれている詩
愛犬さくらを亡くしたときに私や妹、母を勇気付けてくれました。

犬の十戒
こちらも作者不詳で語り継がれている詩
犬を飼う人にはぜひ読んで欲しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。